いなせりブログ

いなせりブログでは、いなせりスタッフの日常や
魚河岸の魅力をお届けします!

いなせりブログ

いなせりブログでは、いなせりスタッフの日常や
魚河岸の魅力をお届けします!


こんにちは。ディレクターの吉永です。
先日、築地で海老専門の仲卸「佃熊」を営む、藤村欣司さんの神がかった"職人技"についてご紹介しました。


まさに神の領域!海老の仕分けが凄すぎる件!
詳しくはこちら


今回は、"職人技"企画、第2弾として、マグロの解体現場で見た"職人技"についてご紹介します。


~午前3時 築地市場に到着~



とにかく築地の朝は早い!まだ日も上がっていません...。
しかし、今回の企画のため、会社で一夜を過ごしました。気合い十分です。


早速現場に向かっていきましょう。


~午前4時 現場に到着~


今回、ご協力をいただいたのは、「仲卸インタビュー」でもご紹介させていただいた、築地でマグロ専門の仲卸を営む「米彦」さんです!



マグロと言えば、「米彦」といってもいい、仲卸ということで、今回の企画にバッチリです!
早速、これからマグロを解体するとのことなので、見ていきましょう!


~マグロの解体開始です~


まずは、今回の目玉、どんっ!



70kgを超える本マグロです。重さでいうと平均力士一人分くらいでしょうか。


この圧倒的な存在感!伝わりますか?


また、マグロを解体する場合にはこのような機具を使うそうです。



刃渡り何センチ!?長包丁というこの包丁、切れ味ハンパじゃなさそうです!


米彦では、毎日20本以上のマグロを解体しているとのことです。2、20本!?


合わせて、鮮度を保つために、すばやく解体していかないといけないとか。マグロの解体は時間との勝負なんです!



まずは、頭から!



お疲れ様でした...。あなたのおかげで皆が幸せに...。




身が分厚いので、何度も刃を入れていきます!



おらっっっ!



二人がかりで、



すばやく、



身を余すことなく、キレイに解体していきます!中落ちも美味しそうです!


是非、こちらもご覧ください!(圧巻の解体現場の映像です!)



これを毎日20本!これは大変ですね...。



~解体後のマグロがこちら~



美しい!キレイな赤身が何とも言えません!



陳列されたマグロを見るだけでも、迫力があります!


こちらから、飲食店の方は米彦のマグロをお買い求めいただけます!(宣伝です)


~解体現場を見た感想~


豪快、爽快、感動、です!



冒頭にも言いましたが、鮮度を保つために、すばやく解体することが重要であり、そこには、大変な労力がかかります。
皆さんが普段何気なく食べているマグロには、こういった仲卸の働きがあったんですね。


"職人技"企画はこれからもご紹介していきます!次はどんな"職人技"が見られるか楽しみです!


~いなせりではこういう企画も行なっています~


いなせりでは、築地で働く、仲卸の方一人一人にスポットを当て、その魅力に迫る、連載企画「仲卸インタビュー」を行なっています。
ご興味のある方は是非、こちらもご覧ください!


◎取材協力:大弘水産グループ(株)米彦(2号店)
東京都中央区築地5-2-1 店舗番号:二41~42
http://www.daihiro-komehiko.com



このエントリーをはてなブックマークに追加