いなせりブログ

いなせりブログでは、いなせりスタッフの日常や
魚河岸の魅力をお届けします!

いなせりブログ

いなせりブログでは、いなせりスタッフの日常や
魚河岸の魅力をお届けします!


皆さん、こんにちは。

先日、築地場内を歩いていると、何じゃこれ?というものを発見しました。




見た目はレバーのようですが、少しグロテスク...。

う~ん...。じっくり見ると、胸の辺りがキュンとなります...。


話を伺うと、

「モウカの星」


という食べ物で、主に、気仙沼では珍味としてよく食べられているものだとか...。


気になったので、買ってみちゃいました。


~絶品珍味!?モウカの星ってなに!?~



モウカの星とは、ネズミザメ(東北ではモウカザメ)の「心臓」のことで、ネズミザメの多くは、フカヒレに利用されますが、気仙沼では、心臓を刺身にして食べており、それが地域の特産品の1つになっているそうです。


心臓!?


まぁ、焼き鳥屋でハツと言えば心臓のことですので、そう考えるとそんなに驚くことではないですね。


ほとんど地域で消費されてしまうらしく、中々地方の市場には出回らないとのことでしたが、

さすが築地市場というのでしょうか、珍しい食材も集まるのが良さの1つでもありますね。


また、余談ではありますが、ネズミザメは別名"Salmon shark"と呼ばれ、サケを捕食することで知られており、

大型で獰猛なサメに入るらしく、危険な種として恐れられているらしいです。




見た目もどことなく、あのジョーズに似ている...。


そんな獰猛な生物の心臓とは、どんな味がするのか、食べてみたいと思います。


~珍味好きには堪らない!?「モキュモキュ食感」~



今回は刺身にしていきましょう。






グサッツ!


なぜか、心臓だけに胸の辺りがキュンとなります...。



お皿に盛ると、こんな感じです。





見た目はローストビーフのよう!?早速いただきたいと思います。




うん!?驚きです!血生臭さは一切ないです!

気仙沼では酢味噌にして食べるのが、昔からの食べ方のようですが、ごま油でいただいてみました!


味は見た目に反して、あっさり味で、一番は口に入れた後の「モキュモキュ感」が何とも言えません。



いや~、シンプルに美味しい!


サメの心臓がこんなに美味いとは!


そして、お酒とも相性抜群だと思います。レバ刺し好きの方にも、おススメできる逸品でしょう。


いかがでしたでしょうか?

見た目で少し食べるのに抵抗のある方もいるかと思いますが、フカヒレ、キャビアにも劣らない「モウカの星」是非1度食べてみてください!

はまってしまうこと間違いないと思います。


築地でも稀に売っているのを目にするので、見かけた際は是非お買い求めください!


このエントリーをはてなブックマークに追加