いなせりブログ

いなせりブログでは、いなせりスタッフの日常や
魚河岸の魅力をお届けします!

いなせりブログ

いなせりブログでは、いなせりスタッフの日常や
魚河岸の魅力をお届けします!


こんにちは。ディレクターの吉永です。
3月に入りましたが、まだまだ寒い日が続きますね。
築地市場にも冷たい潮風が吹き、暖かい食べ物が恋しくなります。


そんな中、今回ご紹介したいのは、築地場内にお店を構える「小田保」。
高級魚である「ふぐ」が「ふぐカツ丼」として手軽に食べられると聞き足を運んできました!



早速やってきました小田保。「おだほ」でも「おだたもつ」でもないですよ。正しくは「おだやす」です。


ちょうどお昼時に訪れたこともあり、店内は満席。
店内に香る、カツのいい匂いの中、待っていると、ついにお目当ての「ふぐカツ丼」が席へ。
見た目は豚を使用したカツ丼のよう。




一口食べてみると、これは美味い!
あっさりと上品な味わいで、弾力がある「身」を噛むほどに「ふぐ」のしっかりとした旨味が出てきます。
また、全く油っこさがないので、女性にもおススメ!です。


実は「ふぐ」には一般的な白身魚に比べ、旨み成分である「アミノ酸」が多く含まれています。
そのため、油で揚げても、旨み成分が油に吸収されず、ふぐ本来の「旨み」をしっかりと感じることができます。


この時期限定の極めて珍しい「ふぐカツ丼」。
一口口に入れた瞬間「お!」と思うこと、間違いありません。


是非この機会に「ふぐカツ丼」食べてみてはいかがでしょうか。


■「小田保(おだやす)」の情報
http://www.tsukijigourmet.or.jp/19_odaya/


このエントリーをはてなブックマークに追加