いなせりブログ

いなせりブログでは、いなせりスタッフの日常や
魚河岸の魅力をお届けします!

いなせりブログ

いなせりブログでは、いなせりスタッフの日常や
魚河岸の魅力をお届けします!


皆さん、こんにちは。

先日、築地場内を歩いていると、何じゃこれ?というものを発見しました。


丸い、そして、ちょっと可愛い。

話を伺うと、「タコ卵」という食べ物で、主に、北海道で珍味としてよく食べられているものだとか...。


あのタコのどこにこんな卵が入っていたんだろう...。と、

予想はしてみたが、ここしか浮かばない...。


気になったので、買ってみちゃいました。


~ 絶品珍味!?タコ卵ってなに!? ~



これが、タコ卵!



詳しくは、タコの卵巣で、卵は中に入っています。


「タコ卵」とは、主に北海道で珍味として、よく食べられていて、

茹でると、米粒状になることから「たこまんま」とも呼ばれているそうです。


タコ卵は、ほとんど地元北海道で消費されてしまうらしく、中々地方の市場には出回らないとのことでした。

さすが築地市場、珍しい食材も集まります。!


どんな味がするのか、非常に気になったので食べてみることにしました。


~ 醤油に付けて食べてみた! ~



どうやって食べたらいいのでしょうか?


とりあえず、切ってみます。


グサッツ!!!






うわぁぁぁぁぁ!!!中から、卵がでてきました。


※これ以上絶えれないという方は、ここで引き返してください!


これ本当に食べられるのでしょうか???


お皿に盛ると、こんな感じです。


今回は醤油と山葵でいただきます。


ん?美味しい!?



噛んだ感触は「いくら」に近いです!

中からは濃厚なエキスがでてきました!これは、お酒のつまみとして良さそうです!

珍味として食べられている理由が分かります!


見た目で少し食べるのに抵抗があるかと思いますが、

是非1度食べてみてください!


そして、癒し効果もあります。


持って見ると癒されますよ。


今回は築地市場の場内の仲卸で購入しましたが、「タコ卵」のシーズンは6月までのようですので、中々見る機会がないかもしれませんが、

お見かけした際は是非、食べてみてください!


このエントリーをはてなブックマークに追加