いなせりブログ

いなせりブログでは、いなせりスタッフの日常や
魚河岸の魅力をお届けします!

いなせりブログ

いなせりブログでは、いなせりスタッフの日常や
魚河岸の魅力をお届けします!


「いなせり」は安定した仕入れと簡単に欲しい魚を探せる
メニュー作りに役立つツールです!



いなせり」をご活用いただいている飲食店の方に、お店のことやいなせりの利用状況についてお伺いしていきます。
お話を伺ったのは東京都中野区にお店を構える「千年葡萄家」の阿部一輝さんです。


-お店を始めようと思ったきっかけとは。



千年葡萄家で働く前は約8年間、フレンチをはじめ、イタリアン、和食などの飲食店でシェフをしていました。
昨年の7月からお店で働くことになったのですが、当時のオーナーが突然辞めることとなり、私と当時一緒に働いていた2人の従業員に引き継いで運営してくれないかと頼まれました。
突然の依頼でしたが、一緒に働いていた2人とは前々から自分達のお店を持ちたいと話をしていたので、3人でお店を運営していこうと決断しました。


今は私がオーナーとして料理は全て考え、他の2人は接客やワインなどの発注業務を主に行っています。
また、3人でお店を引き継いでからは、お店のコンセプトであった安くワインが飲めるお店からレストランのように食事を楽しんでいただけるお店へとコンセプトを変えました。


-お店ではどういった料理を提供していますか。




お客様からのリクエストが多かった「アワビのテリーヌ」


以前はワインを中心に軽食のみを提供していましたが、今はその時々の旬の食材にこだわった料理を提供しています。
料理に使う食材は、生のまま、煮たり、焼いたりと料理のバリューエーションが豊富な白身魚をメインに、産地も三陸産の食材を比較的に使用するようにしています。
特に、新鮮なカルパッチョやコンフィなどはお客様からの人気の高い料理となっています。


また、食材だけではなく、メニューにもこだわり、以前はパスタのソースを変える程度だったのですが、
今は前菜からメインまで日替わりで一通り変えており、中には、日々お客様からいただくリクエストなども参考に考えるようにしています。
今後はお客様からのリクエストも多い、アナゴやうなぎを使ったサラダやアワビを使ったテリーヌなども提供していきたいと思っています。


-いなせりを利用しようと思ったきっかけとは。


お店のコンセプトを変えるにあたり、魚の仕入れ先を探していました。
初めは以前からお付き合いがあった魚屋から仕入れようとしていたのですが、最終の発注時間が23時までだったので、
お店が23時に終わり、それから次の日のメニューを考えて発注するとなると、23時までに発注することが難しかったのです。


そこで、新しい業者を探していた時に、「いなせり」では深夜の2時まで発注を受け付けていることを知りました。
しかし、いなせりに掲載されている食材の写真と実物とでは違いがあるものだと思い不安だったのですが、届いた食材を見て安心しました。
掲載されている写真と遜色のない状態で、鮮度も築地品質ともあり抜群でした。


-いなせりを利用していかがですか。



いなせりを利用し始めてからは安定して仕入れができています。
以前は当日の朝になると業者から発注していた魚が仕入れられないと連絡があることや値段が高騰してしまい、当日になってメニューを再度考え直すということが多々ありました。
その反面、いなせりでは値段を見ながら注文ができますし、築地の仲卸が食材を出品していることもあり、当日発注していた食材が仕入れられないということがなく、
安心して仕入れやメニューを決めることができています。


-最後にお店のPRをお願いします。



千年葡萄家という名前には「千年続く、ワインを楽しむ、アットホームなお店」という意味が込められています。
私はその中でもアットホームなお店の部分を今まで以上に表現していきたいと思っています。


お客様によって、食べたいものは一人一人違います。
来店していただいたお客様とは、なるべく接し、どういう食材や料理が好みかを聞き、より多くのお客様のリクエストに合った料理をなるべく提供していきたいと考えております。
千年葡萄家を自分の家のように気軽にお越しいただき、美味しい料理をゆっくり味わって楽しんでいただければと思っています。


■「千年葡萄家」の情報はこちら
http://ameblo.jp/sennen-b-nakano/


■「いなせり」についてはこちら
https://inaseri.net/


このエントリーをはてなブックマークに追加