いなせりブログ

いなせりブログでは、いなせりスタッフの日常や
魚河岸の魅力をお届けします!

いなせりブログ

いなせりブログでは、いなせりスタッフの日常や
魚河岸の魅力をお届けします!


自ら焼いて食べる楽しさ!新鮮な魚介だからこそできる技!



いなせり」をご活用いただいている飲食店の方に、お店のことやいなせりの利用状況についてお伺いしていきます。
お話を伺ったのは神奈川県藤沢市にお店を構える「藤沢 磯小屋」の田中健生さんです。


-お店をはじめようと思ったきっかけとは。



磯小屋で働き始める前は様々な飲食店を渡り歩いていたのですが、
当時磯小屋の店長を務めていた地元の友人に一緒に働かないかと誘われことがきっかけで働くことになりました。


しかし、当時は水産物をあまり取り扱ったことがなかったため、別店舗の店長に魚の捌き方を一から学び、今では一通りの魚を捌けるようになりました。今考えると今の私があるのは、そういった方たちとの出会いがあったからだと思っています。


ですので、磯小屋にご来店頂いたお客様との出会いを大切に、ご満足いただけるようお店の雰囲気や接客には気をつけています。


-どういった料理を提供していますか。




磯小屋では「浜焼き」といって、七輪を使いその場で貝やカニなどの水産物を焼いて食べていただいています。
中でも、カニ味噌の甲羅焼きが人気の料理で、ご来店頂いたお客様には必ず頼んでいただいています。


浜焼き以外に刺身の盛り合わせにも力を入れていて、特に「豪快!おまかせ8点盛り」はお店の看板メニューになっています。
通常の居酒屋で刺身の盛り合わせを頼むと5点盛りで3,000円~4,000円が一般的だと思いますが、磯小屋ではお客様に価格を気にせず、腹一杯食べていただけるよう、8点盛りを2,000円以下で、刺身の厚さも分厚くカットして提供しています。


お客様からは「この量でこの値段なのか」とよく驚かれますが、なるべくお客様に満足していただきたいと思い、この形で提供しています。
最近では真鯛の白子を使った新メニューを作る際に味見を常連のお客様にお願いしたり、提供する価格までお客様から意見を聞いて考えていたりします。


-いなせりを利用しようと思ったきっかけとは。


お店の売上が落ち込んでいた時期があり、その際に改めて仕入れを見直すことになりました。
そんな時にガイアの夜明けという番組を見ていなせりのことを知り、利用してみようと思いました。


しかし、今までネットから魚を買ったことがなく、また、磯小屋の場合17時から営業開始なので、それまでに魚が届くのかという心配はしていました。
注文した当日15時頃お店に頼んでいた魚が到着したことを確認して安心しました。


また、魚の品質も町の魚屋で買うものより断然よく、身の弾力も比べものにならないくらい良かったのを覚えています。


一度いなせりで仕入れてしまうともうやめられないですね!


-いなせりを利用して効果はありましたか。



鮮度がいい魚が手に入ることが一番助かっています。
明らかに利用する前の魚と品質が違うので、いなせりを利用しはじめてからは、お客様に自信を持って提供しています。


自信があるからこそ、魚に至っては一種ずつ、どういう魚なのか、どうやって食べると美味しいのかなど、私自らお客様に料理を持って行き説明しています。


-最後にお店のPRをお願いします。



磯小屋で使う七輪は炭火を使い調理をします。
炭火とガスとでは食材の旨みが変わるため、新鮮な水産物の旨みを逃がすことなくお客様には味わっていただければと思っています。


また、お店は海の家をイメージしているので、是非ご来店いただいたお客様には普通の居酒屋では感じることのできない湘南ならではの雰囲気と鮮度が抜群の水産物を食べていただき楽しんでいただければと思っています。


■「藤沢 磯小屋」の情報はこちら
https://www.hotpepper.jp/strJ000741358/


■「いなせり」についてはこちら
https://inaseri.net/


このエントリーをはてなブックマークに追加