いなせりブログ

いなせりブログでは、いなせりスタッフの日常や
魚河岸の魅力をお届けします!

いなせりブログ

いなせりブログでは、いなせりスタッフの日常や
魚河岸の魅力をお届けします!

うなぎの生態まとめ

皆さんは、「うなぎ」の生態についてご存知だろうか?
2017年の「丑の日」【7月25日(火)、8月6日(日)】も間近に迫っていることもあり、その前に「うなぎ」について少しでも知っていただきたいと、今回諸々「うなぎ」の情報をまとめたので見ていただきたい。


【海鮮焼き】一度は食べるべき!鮮度抜群の「ウニ、ホタテ、牡蠣、カニ」がてんこ盛り!

築地と言えば、やっぱり「海鮮」!いなせりブログで、色々な「築地グルメ」をご紹介していますが、今回は原点に戻って、築地の「海鮮」グルメを堪能してきたいと思います!


【飲食店インタビュー】暮らしの中の「茶懐石」、日本文化と料理を繋ぐ「一宮庵」。

今回お話を伺ったのは、東京都世田谷区成城にお店を構える「一宮庵(いっくあん)」の斎藤文恵さんです。一宮庵では、一般的な固いイメージの「茶懐石」ではなく、老若男女、未経験の方にも分かりやすい、気軽にできる「茶懐石」を目標にしています。


【仲卸インタビュー】魚の伝道師として、「魚をもっと身近なものへ。」

仲卸インタビュー第4弾では、女性として築地市場の仲卸の世界に飛び込み、目利きから販売を行う仲卸ではなく、魚食普及をする「広報」として活躍されている「亀吉商店」の藤田真央さんのインタビュー模様をお届けいたします。


【丑の日まで待てない!】築地うなぎ食堂の「うなぎ串」を食べてきました!

こんにちは。今日は、ある築地グルメを食べに築地市場の場外に来ております。
今回は、「丑の日」になると通常の日の約3倍の注文が入るという「築地うなぎ食堂」の「うなぎ串」を食べに行こうと思います!


【こんなにあるの?】出世魚「ブリ」の地域ごとの呼び名をまとめてみました!

皆さん、「出世魚」(しゅっせうお)という、魚をご存知でしょうか?今回は、「出世魚」の中でも、呼び名が多い、「ブリ」について、どういう順番で名前が変わるのか、地方ごとにどういう名前に変わるのかを、分かりやすく表にまとめましたので、是非、この記事を読んで覚えて帰ってください!


いなせりの商品数が「1000」商品を超えました!

7月に入り、「いなせり」での出品商品数が遂に「1000」を越えました!
旬の鮮魚はもちろん、マグロはブロックからサク単位まで、その他、珍味や惣菜系なども多数の商品を取り揃えています。
最近では、なんと「野菜」の取扱まで始めました。また、毎月1日に「一の市」といった、よりお手頃に商品をお買い求めいただけるフェアも開催しています。


【仲卸インタビュー】「絶えず動く」、マグロの仲卸はマグロのようだった!?

仲卸インタビュー第3弾では、東京・築地市場で「冷凍マグロ」の仲卸を営む「大元商店」の横田繁夫さんのインタビュー模様をお届けいたします。大元商店の3代目である横田さん。大元の看板を背負い、マグロと向き合い続ける、その理由とは?


【仲卸インタビュー】必要なのは「信頼関係」、美味い魚を一人でも多くの人へ届けるために。

連載企画「仲卸インタビュー」。
インタビュー第2弾では、サラリーマンから、異業界である築地市場の仲卸へ転身された、小川万寿男さんのインタビュー模様をお届けいたします。


#魚好きにしか分からない!魚の見た目当てクイズ!

#魚好きにしか分からない!魚の見た目当てクイズ!を作ってみました!あなたは何問分かりますか?


【あなたは本当の『かつお節』を知らない!】築地の仲卸が選ぶ、こだわりの『かつお節』とは?

先日、いなせりから、こだわりの『かつお節』が出品されました。
【朝削り!かつお節 薄削り「特上削り」「上削り」「混合削り」】の三種類です!今回は、こだわりの『かつお節』とは、一体どんなものなのか?を検証して確かめてみました!


【仲卸インタビュー】水産仲卸界のアイドル!インカム王子こと山崎さんに会いにいってきました!

いきなりですが、皆さん「仲卸(なかおろし)」という人たちをご存知でしょうか。築地市場で働く魚のプロフェッショナル集団と呼ばれる仲卸。洗練された匠の技(目利き・加工)・知識は見る人を魅了し続けています。現在、仲卸は約550事業者いると言われており、取り扱っている商品、売買手法は千差万別です。
築地市場のあるお店に伺うと…


【第3回】魚づくしのいなせり試食会withSAKAMAさん(旬の魚を使った「なめろう」づくしの会)

やって参りました、毎月恒例となっている「魚づくしのいなせり試食会」。第3回目を迎える試食会に、なんと初めてのゲストにお越しいただきました!


【密着ドキュメント24時!】セリから始まる、鮮魚の行方を追った!

皆さん、普段何気なく食べている「魚」が、どうやって食卓やお店に運ばれているかご存知でしょうか?
今回は「いなせり」から仕入れた食材が、リアルではどのように運ばれているのかを皆様に届くまで追いましたので、その様子をお届けします!


【閲覧注意】知らなかった!?タコの頭の中には、絶品珍味が詰まっていた!

先日、築地場内を歩いていると、何じゃこれ?というものを発見しました。
丸い、そして、ちょっと可愛い。話を伺うと、「タコ卵」という食べ物で、主に、北海道で珍味としてよく食べられているものだとか...。


潜入調査!丸ごと一匹捌ける!?大人気の『おさかな調理教室』はすごかった!

今回は、築地の仲卸が行う、通常の料理教室では体験できない、
魚をメインにした『おさかな調理教室』があると聞き、どんな様子なのかを調べるため、潜入取材に行ってきました。


【魚なのに肉肉しい!】マグロの尻尾を使ったステーキが贅沢すぎる!

ご紹介したい食材は、天然本マグロの「輪切り」です!
「輪切り」はマグロの部位の中でも、さまざまな要素を一度に味わえる贅沢な食材なんです。
今回はこちらを使い「天然マグロの輪切りステーキ」に挑戦したいと思います!


【モキュモキュ食感】フカヒレやキャビアにも劣らない!?絶品珍味「モウカの星」

先日、築地場内を歩いていると、何じゃこれ?というものを発見しました。
見た目はレバーのようですが、少しグロテスク...。
う~ん...。じっくり見ると、胸の辺りがキュンとなります...。
話を伺うと...


【飲食店インタビュー】何度でも通って、味わいたくなる、「オーガニック食材」を使った"幸せ"を感じる料理。

「オーガニックグリル鵠沼海岸」では、その名の通り、農薬・化学肥料を全く使わない、「オーガニック食材」を取り入れた料理を提供しています。"「心」と「体」を幸せに"をコンセプトと語る、シェフの木下さん。
何度でも通いたくなってしまうほど、心地良いお店の雰囲気、お客様に驚きと感動を与える料理には、様々なこだわりがありました。


【これって本当!?】カニとエビの意外な関係性に迫る!

こんにちは。アシスタントの五十嵐です。前回の記事では、「タコ」の生態について調べてみました。
次は何について、調べようかなぁ~と思い、本やらネットやらを見ていると 気になるキーワードを見つけました。